手作りだっこひも

輪っかdeだっこの作り方と使い方

必ずお読みください!!

輪っかdeだっこについて

「できたいきさつ」

3人お子さんがいて、3人目が赤ちゃんだったという助産師さんから聞いた話がヒントになりました。

「お風呂に子どもを入れる時、布おむつをだっこひもにして入れている」ということ。

輪になったおむつをクロスにかけたら、だっこひもになるのです。

そして、濡れたら洗濯すればいいわけです。

布も赤ちゃんにやさしい素材だし、既に輪になっているので、とてもいい発想ですね。

でも、布をおきに入りにすれば、ステキなだっこひもが作れます。

「サイズ」

これもまた、サイズが大事です。自分にあったサイズを見つけるのは、「むぎゅto

と同じなので、そちらを参考にしてください。

「布の選び方」

綿素材ならたいてい大丈夫です。

ダブルガーゼは、赤ちゃんにやさしいのですが、素材が柔らかすぎるものもあるので気をつけてください。

デニムなどは固すぎます。

しっかりしているけど、柔らかさを感じるもの。ここでもやっぱりいいのはしじらでしょうか・・・

しじらはだっことおんぶと、とても相性がいい素材です。

輪っかdeだっこ

輪っかdeだっこ付け方